saimonblog

YouTube に投稿する動画を撮影しよう!キレイに撮るコツも分かるよ!

f:id:retirerich:20210125222531j:plain

YouTube(ユーチューブ)に投稿する動画ってどうやって撮影するの?YouTube 初心者なので、いろいろと詳しく教えてほしいです。できれば、動画をキレイに撮るコツやよく使われている撮影機材・投稿するやり方なども教えてもらえると助かります。
こういった悩みに答えます。

 

 

この記事を読むメリット

 

・YouTube(ユーチューブ)に投稿する動画の撮り方が分かる!

・YouTube(ユーチューブ)動画をキレイに撮るコツが分かる!

・動画撮影によく使われる機材や投稿のやり方が分かる!

 

YouTube(ユーチューブ)運営経験者なので、色々とアドバイスできるかなと思います。

というわけで、本題について見ていきましょう。

 
 

 

【YouTube】投稿する動画を撮影しよう!キレイに撮るコツも分かるよ!

まずは YouTube(ユーチューブ)に投稿する動画の撮り方やコツについてお話ししていきます。

投稿する動画を撮影してみよう

YouTube(ユーチューブ)に投稿する動画ってどう撮影するの?と疑問に思う方もいるでしょう。

というわけで、YouTube(ユーチューブ)動画の撮り方をくわしくまとめました。

Q. 投稿する動画ってどう撮影するの?

YouTube 動画を撮影するには 3 ステップです。

STEP
動画撮影機材を入手する

まずは、スマフォ・デジカメ・ビデオカメラといった動画撮影機材を家電量販店や PC を使って入手します。

STEP
撮影する内容を決める

どんな動画を撮影するかじっくり決めます。

STEP
動画を撮影する

撮影内容が決まったら、実際に撮影機材を使って動画撮影をします。

動画撮影するときは必ず内容を決めてから撮影すると質のいい動画が撮れやすくなりますよ。

Q. 動画撮影におすすめの機材は?

  特徴とメリット おすすめ
スマフォ 動画撮影が容易で動画編集・投稿もできる超万能機材。 ★★★
デジカメ 動画撮影ができる軽くてコンパクトな撮影機材。 ★★★
ビデオカメラ 動画撮影を長時間できる撮影機材。 ★★

おすすめは持ち運びやすいスマフォかデジカメですが、長く撮影するならビデオカメラでしょう。

キレイに撮るコツを理解しよう

動画をキレイに撮影するにはどうすればいいんだろう?と疑問に思う方もいるでしょう。

というわけで、動画をキレイに撮影するコツについて詳しくまとめました。

Q. 動画をキレイに撮影するコツって?

アシンメトリー構造 撮影する際にアシンメトリー構造を満たしていること。
カメラ撮影位置 カメラの撮影位置が俯瞰 or 目高であること。
部屋の明るさ 部屋の照明の明るさ・光量が適切であること。
音質 音のクオリティが高いこと。

YouTube(ユーチューブ)動画をキレイに撮るコツは上記のポイントを満たしていることです。

これだけだととよく分からないと思うので、一つずつ深掘りしてお話ししていきますね。

Q. アシンメトリー構造って?

アシンメトリー構造 被写体を右左に置いた構造のこと。対義語をシンメトリという
シンメトリー構造 被写体を真ん中に置いた構造のこと
被写体 風景・昆虫・人・動物・建物・航空機・鉄道などを指す

上記のとおりで、被写体を右側か左側に置いた構造のことアシンメトリー構造といいます。

視聴者に不安や恐怖・ストレスを与えない効果があるので、アシンメトリー構造を意識して撮影したほうがいいでしょう。

Q. カメラの撮影位置ってどこがいいの?

俯瞰 人に圧迫感を感じさせない ★★★
目高 人に圧迫感を感じさせない ★★★
煽り 人に圧迫感を感じさせる

撮影位置は視聴者に圧迫感を感じさせない俯瞰(ふかん)・目高(めだか)がおすすめです。

わざと圧迫感・威圧感を演出させたい場合は煽り(あおり)の位置でもいいですが、通常の撮影ならば辞めておいたほうがいいでしょう。

Q. 部屋の明るさってどのくらいにすべき?

部屋の明るさ 畳の数(つまりは部屋の広さ)×370lm で求められる
畳の数 部屋の広さを畳の数に換算します。畳の数は大体でおけ
370~450lm 畳一枚当たりの明るさの目安

仮に畳 6 枚ほどの広さの場合は 6 × 370 で 2,220 lm の明るさがないといけないということです。

部屋の照明でも足りないと思ったら YouTube 専用の照明ライトを活用するのもありでしょう。

Q. 音質ってどれくらいが最適なの?

-12~-6 dB 話し声の最適な音量で音割れしにくい
0 dB 0 dB に達すると音割れしやすくなる

音質は 0dB を越えなければ問題なくて理想は -12~-6dB 内におさめられていることです。

音質は撮影機材でも設定できますので、撮影する前に設定しておくと音質を気にせずに撮影することができますよ。

【YouTube】動画撮影に関する質問!

ここからは、動画撮影に関するよくある質問についてお話ししていきます。

撮影によく使われる機材は何?

YouTube 動画の撮影によく使われている撮影機材って何?と疑問に思う方もいるでしょう。

というわけで、よく使われている撮影機材についてくわしくまとめました。

Q. 撮影によく使われる機材はなに?

撮影機材は持ち運びやすいスマートフォンやデジタルカメラ・ビデオカメラがよく使われます

その他では、パソコンやガラケーなどが該当し少なめですが使っている方もわずかにいます。

Q. おすすめの撮影機材は?

もちろんおすすめはスマフォです。撮影・動画編集・投稿の全てができるので超おすすめです。

2 番目はデジタルカメラ。ポケットに入るサイズであることとスマフォより画素数が高くてキレイな映像が撮れるので 2 番目におすすめです。

動画編集ってしておくべき?

撮影した動画の編集ってしておいたほうがいいの?と疑問に思う方もいるでしょう。

というわけで、動画編集をしておくべきかどうかくわしくまとめました。

Q. 動画編集ってしておくべき?

チャンネルの認知度を広める際に動画の質も求められるので、必ず動画編集しておくべきですね。

Q. どんな動画編集ができるの?

テロップ挿入 動画に文字を挿入すること
カット編集 動画の不要部分を削除すること
BGM 挿入 動画に背景音や効果音を挿入すること

定番の動画編集といえばテロップ・BGM 挿入・CUT 編集で間違いないでしょう。

上記を実践するだけでも動画の質はアップさせられるので習得しておきたいスキルの一種です。

動画ってどう投稿するの?

撮影した動画ってどうやって投稿するの?と疑問に思う方もいるでしょう。

というわけで、動画投稿のやり方をくわしくまとめました。

Q. 動画ってどうやって投稿するの?

上記のカメラ型アイコンをクリックすれば、動画を投稿することができますよ。

下記の動画をアップロードしようにて図を使って解説してますので、詳しく知りたいという方は是非参考にしてみてください。

動画の投稿・削除・管理の詳細はこちら

まとめ

最後に!簡単まとめ。

まとめ

・YouTube に投稿する動画を撮影するのは超簡単!10分で理解できる!

・YouTube の動画撮影におすすめの機材はスマートフォン!

・デジカメはキレイに撮影できる!

…ですね! 

YouTube(ユーチューブ)を始めるには、まず撮影機材から準備していきましょう。


ということで、今回は以上となります。お役に立てると嬉しいです。