saimonblog

個人投資家は「AI」に勝てるのか【結論:勝てますね!少し難しいですが…】

f:id:retirerich:20200928190509j:plain

こんにちは、サイモンです。

f:id:retirerich:20200926184150j:plain

「AI」に勝てる投資家になりたいなぁ。そもそも個人投資家って「AI」に勝てるのだろうか?わりと気になるので、教えてほしいです。

こういった悩みに答えます。

 

本記事の内容

個人投資家は「AI」に勝てるのか?

▪「AI」トレーダーに勝つ方法【3つ】

▪ まとめ

 

投資でお小遣いを稼ぎつつ、お金に関する情報や投資ノウハウについて発信しています。

 

筆者の実績

外国為替取引で収益7桁達成

▪ 暗号資産投資で収益6桁達成

▪ ブログ歴10ヶ月の記事数100

▪ 年間48冊のお金に関する本を読む

 

上記のとおり。

わりと努力しているので信頼できるかなと思います。

 

というわけで、本題を見ていきましょう。

 

個人投資家は「AI」に勝てるのか?

f:id:retirerich:20200929143135j:plain

「AI」に勝てる投資家になりたいなぁ。そもそも個人投資家って「AI」に勝てるのだろうか?わりと気になるので、教えてほしいです。

と、良く耳にするので解説しつつ、考察していきます。

 

結論を先に言うと、次のとおりです。

結論

▪原則① 木ではなく、森を見るべし

▪原則②「現物取引」に限定するべし

▪原則③ ①と②を忘れないこと

▪原則を守れば、人は「AI」に勝てる

…です!

上記を深堀り。

 

因みにですが、人はAIに勝てるのか?という質問に対して…ですが。答えは 「はい」 ですね。心配は無用。安心しましょう。

ただ、少し難しいかも…ですね。原則に忠実でなければならない…ですからね。つまり、ルールを守りましょうってことです。そうすれば、勝てます。少なくとも負けることは、絶対にありません。

 

というわけで、もっと深堀りしていきます。

 

「AI」トレーダーに勝つ方法【3つ】

f:id:retirerich:20200928200820j:plain

人が「AI」トレーダに勝つ方法は、次の【3つ】ですね。 紹介していきます。

勝つ方法【3つ】

原則① 木ではなく、森を見るべし

原則②「現物取引」に限定するべし

原則③ ①と②を忘れないこと

1つずつ見ていきましょう。

 

原則① 木ではなく、森を見るべし

「AI」は投資プロのです。なので、木(短期相場)ではなく森(長期相場)を見ましょう。

 

何故かというと、次の理由【2つ】があるからです。

理由【2つ】

▪木=短期相場を見ると、値動きが激しく稼ぎにくい。⇒「AI」のエサになりやすい。

▪森=長期相場を見ると、値動きが安定して稼ぎやすい。⇒「AI」をエサにしやすい。

て、わけで。

 

つまり、木(短期相場)を見て、投資しちゃダメだということです。何故かというと、シンプルに「AI」は短期売買が得意だからですよ。最新AIは0.001秒で取引ができますからね。なので、木=短期相場による投資はNGってことです。

 

森=長期相場を見ましょう。長期相場なら、月単位で動くので、分析しやすいですからね。後は流れに乗るだけ…ということです。「AI」に勝てる確率が上がるはず。

 

Check Point

▪木(短期相場)は「AI」のエサになりやすい

▪森(長期相場)は「AI」をエサにしやすい

▪人は「AI」に勝てるということ!

▪おまけ:日足、週足、月足を見て投資しよう

 

②「現物取引」に限定するべし

「AI」は投資のプロです。なので、取引は「現物取引」に限定するべし…ですね。

 

何故かというと、次の理由【2つ】があるからです。

理由【2つ】

▪「現物取引」は銘柄を長期保有できる⇒ほぼ、ずっと保有できる

▪「現物取引」はロスカットされない⇒強制損切りされない…ということ

て、わけで。

 

つまり、AIに勝ちたければ「現物取引」にするべし…ですね。何故かというと、シンプルに「現物取引」って、ほぼ永遠に銘柄を保有できますからね。ロスカットもされません。後は素晴らしい利益(価値)になったら売却するだけ。

ただし、会社(銘柄)が倒産してしまうと、投資先銘柄も倒産するので。つまり、銘柄が無価値になってしまうので、注意が必要です。

 

なので、「現物取引」は投資先を真剣に慎重に選ばなければなりません。倒産してしまうと、銘柄が無価値になるので。後は、欠点なしです。「AI」の短期売買も影響なし。長期保有して、大きな利益になったら売却しましょう!

 

Check Point

▪「現物取引」は長期保有できる

▪「現物取引」はロスカットされない

▪「AI」の短期売買は影響なし。人間の勝ち。

▪ おまけ:投資先銘柄は最大4銘柄まで。多いと利益減かも?

 

③ ①と②を忘れないこと

最後に、③です。①と②を忘れないこと…ですね。

 

これは、世界一の投資家。あるいは、投資の神様と呼ばれている「ウォ―レンバフェット氏」の名言です。因みに、彼は2019年で純利益1,000,000,000,000円稼いだとも言われています。凄すぎる!

 

つまり、①と②の原則を忘れちゃダメだということです。忘れてしまうと原則③に違反するということなので、「AI」に負けてしまうというです。

なので、結論:①②③を必ず守りましょう。

 

Check Point

▪①と②を忘れないこと

▪原則を破ると「AI」に負ける

▪おまけ:勉強しないと稼げない

 

まとめ

f:id:retirerich:20200926183834j:plain

最後に!簡単まとめ。

まとめ

▪森(長期相場)で投資するべし

▪取引は「現物取引」に限定するべし

▪原則を常に意識するべし

…ですね。

 

この原則が「AI」に勝つ方法です。そして、人は「AI」に勝てるのです。少なくとも、負けることはありません。

なので、原則は必ず守りましょう。

 

 

という事で、今回は以上です。お役に立てると嬉しいです。

 

「原則に忠実であること」

 バフェットの教えですよ~

 プロから学びましょう